【2016年11月産】ヴェローニ農場のEXVオリーブオイル・250ml<3本セット>

VE-250-3set-r

7,200円(税込)

2016年11月収穫のヴェローニ農場のオリーブオイルが到着しました!
今年もとれたての一番搾りを、収穫後、速やかに搾油しボトル詰めされたものを空輸で直輸入しました。

3本セットは390円お得になります!

年々オリーブオイルをめぐる環境は、必ずしも芳しいものではなくなってきています。
天候不順や害虫被害に加え、巷に流れる不正オリーブオイルの蔓延の噂など、作る側にも食べる側にも問題は増えるばかり。
2016年はイタリア全土で収穫量は昨年を下回るなど、本当に良質なオリーブオイルは今年も貴重なものになってしまいました。
しかしオリーブオイルとは、そもそも豊かな大地の恵みであり、そこから生まれる純粋な一滴。
その年の気候や自然の影響は、そんな自然の大きな営みのひとつでもあります。
そしてその純粋さは、伝統を守り続けた良心的な人々の努力によってこそ成り立つものです。

ルネッサンスの時代から、その伝統を守り続けたヴェローニ農場の2016年の味。
まずは何といっても、トスカーナ産らしいみずみずしい若草の香りが素晴らしいです。
そしてすっきりとエレガントなスパイシーさと、喉越しの後にやってくる爽やかな苦味。
そして例年よりも少し緑の濃い色合いなど、まさに今年一年のトスカーナの太陽と風が凝縮した見事な結晶。
まごうことなくイタリア・トスカーナのサンマルティーノの丘で実り、一切化学的な手段を使わずに純粋に絞り出した2016年のオリーブの果汁。
この純粋で爽やかな味こそ、まさに本物だと自信を持っておすすめできるオリーブオイルとなりました。

トスカーナのオリーブオイルの代名詞ともいえるスパイシーな辛味と爽やかな苦味は、新鮮な食材のエッジを際立たせ、いつもの一品の輪郭をくっきりと浮かび上がらせます。
まずはお気に入りのパンを少しカリッとトーストして、たっぷりかけて召し上がってみてください。
鼻孔をつらぬく若草のフレッシュな香り、そして小麦の味を際立たせる深い味わい。
バターでは決して味わえない鮮やかな印象に、きっと感動さえ覚えることでしょう。
オイルをかけてまったりするのではなく、食材の味を引き立てる最高の調味料として、イタリア料理にかぎらず和食まで、様々なメニューでお楽しみいただけます。

もちろん今年もBIOLOGICO(EU有機認証)です!
2016年の太陽とトスカーナの風が育んだ、本物のオリーブオイルの風味を心ゆくまでお楽しみください。


※内容表示
原材料:食用オリーブオイル(エクストラバージン)
内容量 :250ml
賞味期限:2018年4月30日
保存方法:高温を避け暗所で保存してください。
生産地:イタリア(フィレンツェ)
製造者:ファットリア・イ・ヴェローニ

<キャップについて>
金属製のキャップは、通常ひねると上下に分割されますが、極まれにそのまま回ってしまったりするものがあります。ヴェローニ農場ではボトル詰めまで昔ながらの手作業で行っているため、キャップについては最新式の工業製品のような精度まではありません。分割されなくても開栓できれば、大きな問題にはならないと思いますが、うまく閉まらない等の場合は、オリエーラや他のビンに移し替えるなどの工夫をお願い致します。どうしてもキャップが開かない等の致命的な欠陥に限り、ご返品・交換を承っております。



※ヴェローニ農場のこだわり

ヴェローニ農場
フィレンツェからアルノ川に沿って上流へ15kmほど遡った所にあるポンタッシエーヴェという小さな町。この地区(キャンティ・ルフィーナ)は特有の気候条件とオイルの生産技術により良質のオリーブオイルを産出することで有名です。(高級オリーブオイルとして名高いフレスコバルディ・ラウデミオもこの地域で生産されています。)
ここに500年以上の長い歴史を持つヴェローニの農場があります。そのオリーブオイルの原材料は、海抜240〜280mの丘の上に広がる20ヘクタールの自家農園で栽培されるフラントイオ、モライオーロ、そしてレッチーノの3品種。その中から選りすぐられたオリーブの実は11月に注意深く手摘みされ、収穫後直ちに最新の設備で搾油(コールドプレス)され、フィルターにかけられます。
ヴェローニのエクストラバージンオリーブオイルは、このように限定された農場で、量より質を重視し、愛情と誇りを込めて丁寧に作らます。

ストラーダ・ビアンカでは大切に製造されたオリーブオイルの品質を守るため、商品を空輸しています。

エクストラバージンオリーブオイル・ガイドブック
その品質の良さ、味のすばらしさが評価され、イタリアのスローフード協会が発行する「エクストラバージンオリーブオイル・ガイドブック 2007年版」にも紹介されています。




※ヴェローニのオリーブオイルの特徴
外見は透明な緑がかったイエローで、若草のような心地よい香りがします。まずはパンなどに付けてそのまま味わってみて下さい。口の中にフルーティーでアーモンドのような風味が広がります。後味はぴりりとスパイシーで軽い苦みがあります。まさにトスカーナの典型的な特長を持ったオイルです。



※世界最高品質。イタリア・トスカーナ産のオリーブオイル
イタリア・トスカーナ産のオリーブオイルはそのはっきりとした強い特徴から、世界で最も高品質なオリーブオイルとして名高いオイルです。
トスカーナでは、オリーブオイルはほぼ全域で生産されていますが、ルッカとキャンティ周辺が産地として特に有名です。一般的にトスカーナのオイルは香り高く、風味が強く、刺激的でさえあると言われますが、産地によって風味もそれぞれです。どちらかと言うとルッカのオイルは軽くてエレガント、一方ヴェローニ農場のあるキャンティ周辺のオイルはよりはっきりした風味があります。酸度は大変低く、色は濃い緑から緑がかった黄色までさまざま。丁寧に手摘みで収穫され,最大の注意を払って品質が守られています。トスカーナ料理のみならず、世界の食卓に君臨しています。



※オリーブオイルをめぐる問題点
オリーブオイルは工場で作られる製品ではなく、あくまで農産物。
なので、大切なのは「いつ、どこで誰が、どのように作ったのか」という情報です。
昨今安い価格で大量に販売されているオリーブオイルのを多くは、いくつかの地域や国で生産されたオイルをブレンドして作られたものがほとんどです。オリーブオイルは最終的に瓶詰めした国が生産国としてラベルに記載できるのですが、残念ながら、現在はこのラベルだけでは、消費者が必ずしも正確にすべての情報を得ることはできません。
オリーブオイル業界には、以前から悪質な業者が、オリーブオイルに他のオイルを混ぜたり、品質期限の怪しい物を混ぜたりするという黒い噂は後をたちません。そしてエクストラヴァージンという品質に達しない粗悪なものも、そのラベルをもって販売されていることも珍しくありません。

こうした状況を考えると、本来、一切の加工を必要とせずに、純粋なオリーブの実から絞った果汁であるはずのオリーブオイルを、純粋なまま味わうには、賢い消費者となる必要があります。
それには「いつ、どこで誰が、どのように作ったのか」という情報を積極的に開示している生産者、そして販売者を見つけることがとても重要です。



※お買い上げいただいたお客様の声

*国分寺市 S様 
「芸術的な逸品をご紹介いただき、ありがとうございました。汎用品とは一線を画すクオリティーを感じることができました。ボトル越しに農家の方々の笑顔が見える気が致します。」
*埼玉県 Y様  
「お友達のところで、彼女の作ったパンにつけて味見会をしました。ほんとに香りのがおいしいオイルですね。ごちそうさまでした。」
*国分寺市 Y様 
「以前買ったオリーブオイルと比べて、油っこさが無く、さらっとしていて食べやすいですね。熱々のフランスパンの上にかけたら、ふわっとすばらしい香りがちました。家族全員気にいってあっという間に一本無くなってしまいました。」



※ヴェローニEXVオリーブオイルのおいしい召し上がり方

シンプルに、あくまでも素材の味を大切にしてそれを引き出すのがのがトスカーナ料理の特徴。だからこそオリーブオイルの品質にはこだわります。ヴェローニのオリーブオイル、そして塩・こしょうがあれば、ご家庭でも簡単においしいイタリアンのできあがり!

*サラダに・・・塩・こしょうとオリーブオイルだけでも素晴しい香りと風味で、野菜の味がぐんと引き立ちます。お好みでレモンやバルサミコ酢をかけてお召し上がりください。野菜の水切りをしっかりすることがポイントです。生野菜、温野菜どちらでも最高の風味を味わえます。

*お魚のカルパッチョに・・・お醤油とも相性がよく、ショウガ少々を加えると和風ドレッシングに。ルコラやバジルを生魚のスライスにそえて上からふりかけると、おしゃれなおもてなし料理になります。

*また調味料として熱々のパスタやスープ、肉や魚料理の仕上げにふりかけるだけで、何とも言えない香りと風味がたちのぼり、本格的なイタリアンレストランに負けないお料理をご自宅でお楽しみいただけます。



【オリーブオイルの賞味期限について】
オリーブオイルは品質が安定しているので、開封前ならば、暗く涼しい所(14度前後がベスト)に保管しておけば賞味期限にかかわらずおいしくいただけます。ただ、イタリアの法律で、瓶詰めした時点から1年6ヶ月を賞味期限として表示することが定められているため、目安として賞味期限を付けています。したがって同じ年度に収穫されたものでも製品として出荷された時期が違うと賞味期限が異なっている場合もあります。


関連コンテンツ
“オリーブオイルの基礎知識” “ヴェローニ農場訪問レポート”