オリーブの角形まな板-中(溝付き-31cm)1

AO-SM-1

16,280円(税込)

とにかく面積が広く、持ち手のない大きなまな板/カッティングボードをお探しでしたら、ぜひこちらを。
樹齢数百年のオリーブの大木から切り出された貴重な一枚板です。貼り合わせではありません。

オリーブの角型まな板は、大きなまな板としてお使いいただいてももちろんOKですが、大皿としてお使いいただくのにもぴったりです。
オードブルの盛り合わせや、七面鳥の丸焼きもどんと乗せられます。
溝つきなので、少しくらいの汁が出るものも気にせず盛り付けられます。

キッチンではパスタやパン、ケーキの生地を打ったり、練ったりと、力仕事もバッチリこなしてくれます。片面は溝がないので、使い分けもできます。


<オリーブのキッチン用品>
オリーブの一枚板から取った無垢の板です。自然の形を生かしているので、そのままお皿としてテーブルに出しても味わいがあって素敵です。
温もりのある和食器や、カラフルな北欧の器などとの相性もよく、多彩なテーブルコーディネイトをお楽しみ頂けます。
自然の生み出した木目や色合い、ひとつずつ手作りの形状は、同じものがない世界にひとつだけの一点物です。

“ライン”

※Size サイズ(約)
長辺31cm、短辺28cm、厚さ1.8cm 重さ1,125g

オリーブのキッチン用品

※About Olive オリーブのキッチン用品について
トスカーナのオリーブ工房L'albero dell'olivoにて職人がひとつずつ手作りした、オリーブの木製キッチン用品です。
オリーブの木はイタリアでは厳重に管理された貴重な材料です。オリーブオイルを採る役目を終えた古木のみが材料として使われています。
オリーブの木には自然な殺菌作用があるといわれ、カビに強く、また堅牢な木質で末永くお使いいただけます。
自然の風合いをお楽しみいただくため、着色などの塗装はしていませんが、仕上げに食用のひまわりオイルを塗ってあります。
オリーブの古木をそのまま削りだして作っているため、形や大きさ、趣が一点一点異なります。また節、小さな亀裂や溝、木のうねりがある場合もありますが、自然素材の個性、素朴な手作り品の暖かみとしてご理解の上、何卒了承ください。

オリーブのキッチン用品

※ご使用上の注意
オリーブだからといって、特別に難しいお手入れの必要はありません。一般的な木製のキッチン用品と同じです。
仕上げに食用のひまわり油を塗ってありますので、食器用洗剤で洗ってからご使用ください。
洗うと表面のオイルが落ちて、オリーブ本来のやや白っぽい木肌の色になります。
表面にひまわり油(サラダオイルも可)などの植物油をすり込むと木目が再び際立ちます。
オリーブの木には本来苦みがあります。何度かご使用になるうちに次第にこの苦みはなくなります。
洗う時は柔らかいスポンジ等をご使用になり、食器洗い機には入れないで下さい。
長時間水につけたままにせず、洗い終わったら水分をさっと拭き取り、風通しの良い所に保管してください。
時々柔らかい布で表面に植物油をすり込むようにして拭くと味わいが増し、長持ちします。また長期保管時にはオイルを塗っておくと、過度の乾燥を防げます。

オリーブのキッチン用品

贈り物に、オリジナルラッピングいたします!

ストラーダ・ビアンカオリジナルギフトラッピング

おまかせラッピング(オリーブのキッチン用品の場合)は、品物を白い薄紙で包み、その上からクッション材で包んでから、当店オリジナルのベージュ色(または生成)の木綿の布袋にお入れしてリボンを結んでいます。
布袋にはストラーダ・ビアンカのハリネズミのマークがワンポイントでプリントされています。
オリジナル冊子「オリーブと暮らす」はもちろん、ご使用上の注意やお手入れの仕方を記載した商品説明書とカード1枚、当店のショップカードも同梱しています。
袋のサイズは、お品物に合わせたサイズを一点ずつ手作りで作成しています。

ストラーダ・ビアンカ
ストラーダ・ビアンカは、イタリアのオリーブの木工房 L'albero dell'olivoの正規輸入総代理店です。




関連コンテンツ
“オリーブの木工房訪問レポート” “オリーブのまな板の大きさ” “オリーブのキッチン用品の特徴” “オリーブのまな板のお手入れ”