オリーブのまな板(大)-2

AO43-2

9,600円(税込)

スラリとスリムなフォルム。
すっきりとした木目。
トスカーナの風を受けて育ったオリーブの伸びやかな姿をお楽しみください。

オリーブの一枚板から取った無垢のまな板です。自然の形を生かしているので、そのままお皿としてテーブルに出しても味わいがあって素敵です。
弧を描くように流れる木目と呼応するなだらかなフォルム。幅もたっぷりあり、毎日の台所仕事をしっかり支えてくれそうな頼もしさが嬉しい一枚です。

ストラーダ・ビアンカ

※Size サイズ(約)
全長44cm(柄の部分の長さ13cmを含む)最大幅18.5cm、厚み2cm 重さ1,078g

ストラーダ・ビアンカ

※About Olive オリーブのキッチン用品について
トスカーナのオリーブ工房L'albero dell'olivoにて職人がひとつずつ手作りした、オリーブの木製キッチン用品です。
オリーブの木はイタリアでは厳重に管理された貴重な材料です。オリーブオイルを採る役目を終えた古木のみが材料として使われています。
オリーブの木には自然な殺菌作用があるといわれ、カビに強く、また堅牢な木質で末永くお使いいただけます。
自然の風合いをお楽しみいただくため、着色などの塗装はしていませんが、仕上げに食用のひまわりオイルを塗ってあります。
オリーブの古木をそのまま削りだして作っているため、形や大きさ、趣が一点一点異なります。また節、小さな亀裂や溝、木のうねりがある場合もありますが、自然素材の個性、素朴な手作り品の暖かみとしてご理解の上、何卒了承ください。

ストラーダ・ビアンカ

※ご使用上の注意
オリーブだからといって、特別に難しいお手入れの必要はありません。一般的な木製のキッチン用品と同じです。
仕上げに食用のひまわり油を塗ってありますので、食器用洗剤で洗ってからご使用ください。
洗うと表面のオイルが落ちて、オリーブ本来のやや白っぽい木肌の色になります。
表面にひまわり油(サラダオイルも可)などの植物油をすり込むと木目が再び際立ちます。
オリーブの木には本来苦みがあります。何度かご使用になるうちに次第にこの苦みはなくなります。
洗う時は柔らかいスポンジ等をご使用になり、食器洗い機には入れないで下さい。
長時間水につけたままにせず、洗い終わったら水分をさっと拭き取り、風通しの良い所に保管してください。
時々柔らかい布で表面に植物油をすり込むようにして拭くと味わいが増し、長持ちします。また長期保管時にはオイルを塗っておくと、過度の乾燥を防げます。


関連コンテンツ
“オリーブの木工房訪問レポート” “オリーブのまな板の大きさ” “オリーブのキッチン用品の特徴” “オリーブのまな板のお手入れ”